SDGs時代の企業のあり方

講座概要

SDGsの重要性が叫ばれる以前から、社会をよりよくするために活動する「いい会社」を選び投資を行う鎌倉投信。創業者であり代表取締役である鎌田氏を招き、金融のこれからの社会における役割ひいては個人ひとりひとりがSDGsの実践のために何を考えていくべきか議論していく。

※みやざきSDGsプラットフォーム関係者とのパネルディスカッション、グループセッション

詳細プログラムを

日程 テーマ/内容 実施方法

セミナー名 SDGs時代の企業のあり方
対象者 経営者、経営幹部等
場所

アリストンホテル
宮崎市橘通西3丁目1-1
https://www.ariston.jp/miyazaki/rentalspace/detail/id=127

申込締切 2022年1月27日(木)
定員 30〜40名
受講料 無料
形式 対面
※場合によってはオンライン

応募が多数の場合、宮崎県内に本社を置く事業者・団体様を優先して受付させて頂きますので事前にご了承のほどよろしくお願い致します。

SDGs時代の企業のあり方
のお申し込みはこちらから

講師のご紹介

yasuyuki
kamata

鎌田 恭幸 

鎌倉投信代表取締役社長

大学卒業後、25年以上にわたり、日系・外資系信託銀行の資産運用業務に携わる。株式等の運用、運用商品の企画、年金等の機関投資家営業等を経て、外資系信託銀行の代表取締役副社長に就任。その後、2008年11月鎌倉投信株式会社を創業。鎌倉に本社を構え、社会をほんとうに豊かにするための金融のあり方を追い続ける。真に社会価値を創造しているかどうかを判断基準とする投資信託「結い2101(ゆいにいいちぜろいち)」を運用。著書に『日本でいちばん投資したい会社』。

SDGs時代の企業のあり方
のお申し込みはこちらから

ほかの講座もぜひご覧ください

ともに学びともに宮崎の未来を
リードしませんか?

各講座ごとに定員がございます。
定員に達した講座から順次受付を終了しますので、予めご了承ください。