ひなたMBA

対話力&コミュニケーション強化による問題解決の極意

ひなた みやざき ビジネス アカデミー

対話力&コミュニケーション強化による問題解決の極意

対話力&コミュニケーション強化による問題解決の極意

講座お申込みは終了いたしました。沢山のご参加ありがとうございました。

主催:宮崎県

多くの職場で課題となっているのが「コミュニケーション能力の向上」です。
これがなされることで「問題解決力の向上」を行うことができます。

それにより、チームが一丸となって問題に取り組む行動を起こし、
組織のパフォーマンスも向上していくことができます。

「対話力&コミュニケーション強化による問題解決の極意」講座ではコミュニケーション
能力を高め、問題解決の技法を習得し、自社に落とし込んだ行動、手法が身につきます。

今の時代だからこそ必要な対話型のリーダーシップを、ぜひ学んでみませんか?

セミナー概要

セミナー名
対話力&コミュニケーション強化による問題解決の極意
対象者
宮崎県下の中堅社員の方
到達目標
・対話力を高めるためのコミュニケーションの技法を身につける
・答えを引き出すために必要となる質問づくり、場作りの手法を知る
・話し合いによる問題解決を促すための方法を知る
・さまざまな問題解決の場を体験し、自分にあてはまる方法をつくりだす
定 員
20名
※お申込は1社3名までご受講いただくことができます。
受講料
無料
日 程
宮崎会場
1日目)2017年8月29日(火)
2日目)2017年9月15日(金)
※宮崎会場は定員に達しました。ご応募ありがとうございました。

都城会場
1日目)2017年8月30日(水)
2日目)2017年9月22日(金)
※都城会場は定員に達しました。ご応募ありがとうございました。
時 間
各日 9:30 ~ 16:30 (受付 9:15開始)
会 場
宮崎会場
JA・AZMホール 1階 小研修室 (2日目:中研修室2階)
都城会場
都城圏域地場産業振興センター 技術研修室
内 容
1日目)
コミュニケーション力を向上させる

1.対話力を高める「コミュニケーションのポイント」
2.相手から答えを導く「質問の技法」
3.対話をする雰囲気を作る「アイスブレイク」
4.話し合いを効果的にする「合意形成の5つの要素」


2日目)
問題解決の場を体験する

5.意見を引き出す「ブレインストーミング」
6.対立解消を行う「Win‐Win」
7.現状を打破し問題解決を促す「GROWモデル」
8.効果的な振返りの手法「KPT」
申込方法
1. 専用フォームから参加お申込み もしくは、
2. セミナーチラシに必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み
FAX : 0985-64-8186

セミナーご案内チラシはこちら (pdf)   

対話力&コミュニケーション強化による問題解決の極意

セミナー講師のご紹介

古賀 弘規 氏

所 属ユーアンドミークリエイト株式会社 代表取締役

古賀 弘規HIRONORI KOGA

経歴

宮崎県で初のコーチングファシリテーター専門業を開始。
九州内でも数少ないビジネス会議に特化したファシリテーション(会議運営)の指導を行う講師。研修はすべて体験型で実施、受講生の気付きを引き出すユニークな研修プログラムが定評。宮崎県在住。宮崎県内の企業及びビジネス動向をもとに講座を実施。

<講師資格>
・宮崎県産業支援財団専門家派遣制度認定専門家
・宮崎商工会議所専門家派遣エキスパート認定

<講師実績>
・株式会社ゼンリン、西日本プラント株式会社
・JA福岡、JA筑紫、JA西都、JA糸島
・長崎空港、福岡空港エンジニアリング
・都城市役所、宮崎県看護協会、宮崎県商工会連合会
その他宮崎県、福岡県、東京都内の中小企業研修

セミナーへの参加方法

申込方法
1. 専用フォームから参加お申込み もしくは、
2. セミナーチラシに必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み
FAX : 0985-64-8186

セミナーご案内チラシはこちら (pdf)   

応募締切
2017年8月23日(水)
※定員に達しました。ご応募ありがとうございました。

あわせて こちらもご覧ください。
ひなたMBAとは
セミナー 一覧はこちら

運営事務局

  • ひなた みやざき ビジネス アカデミー運営事務局
  • 〒880-0811
  • 宮崎市錦町1番10号
  • 宮崎グリーンスフィアビル
  • 壱番館7階(KITENビル)
  • TEL:0985-64-8102
  • FAX:0985-64-8186
  • Mail:kensyu@mfba.jp

© 宮崎県 ひなたMBA(ひなた みやざき ビジネス アカデミー)
受託事業者|富士通株式会社
Webサイト運営事業者|株式会社 宮崎県ソフトウェアセンター


PAGE TOP