ひなたMBA

会社にまつわる数字の見方

ひなた みやざき ビジネス アカデミー

会社にまつわる数字の見方

会社にまつわる数字の見方

定員20名、開講2017年1月17日(火曜日)

講座お申込みは終了いたしました。沢山のご参加ありがとうございました。

主催:宮崎県

現代の企業は、いわゆる「数字に明るい人」を求める傾向にあります。
しかしこの「数字」を意識して日々の仕事に携わっている人が意外と少ないのが現状のようです。
実は会社にまつわる数字は、企業の活動成果はもちろんの事、現況認識、今後の方針決定、
さらには自身の働き方・仕事の進め方といったビジネスに必要なマネジメント知識に直結しているのです。

この講座ではビジネスパーソンとして知っておきたい経営数字の知識を身に付けて頂きます。

セミナー概要

セミナー名
会社にまつわる数字の見方
対象者
宮崎県下の若手社員~中堅社員
到達目標
・日々の業務は全て何らかの数字に直結していることを理解し
 日々の仕事に携わるようになる
・仕事=売上=給与という単純図式の再確認から
 会社数字の分析方法まで、企業活動上必要な数字の知識を身につける
定 員
20名
※お申込は1社3名までご受講いただくことができます。
受講料
無料
内 容
1日目)
・会社にまつわる数字の意味を理解する
・マネジメントとマーケティングにおける計算式を学ぶ

1.計数センスのはなし
  会社にまつわる数字の意味/どんなものでも数字に置き換えることができる
2.マネジメントとマーケティング
  四則計算と利用の仕方/
マネジメントは加減が基本/マーケティングは余剰が基本
3.数字に明るい社員が成長企業を創る
4.第一線ビジネスマンは剰余に強くなれ~売上高はいろいろに分解できる
5.損益分岐点と労働分配率
  部門別予算管理をブレークダウン/従業員一人当たりのコスト計算


2日目)
・経営数字の見方の基本を理解する
・決算書から見る経営管理

6.経営数字の見方の基本を理解する
  簿記の原理原則を知る/財務諸表の基本を理解する
7.簡単な経営分析をしてみよう!
  決算書から割り出す企業経営
申込方法
講座お申込みは終了いたしました。
沢山のご参加ありがとうございました。

セミナーご案内チラシはこちら (pdf)   

会社にまつわる数字の見方 日程

  • 宮崎
  • 延岡

宮崎会場

日 程
1日目)2017年1月17日(火)
2日目)2017年2月7日(火)
時 間
各日 9:30 ~ 16:30
会 場
JA・アズムホール 2階 中研修室(宮崎県宮崎市霧島1-1-1)
締 切
2017年1月11日(水)

延岡会場

日 程
1日目)2017年1月18日(水)
2日目)2017年2月8日(水)
時 間
各日 9:30 ~ 16:30
会 場
延岡市中小企業振興センター(延岡市東本小路121-1)
締 切
2017年1月12日(木)

会社にまつわる数字の見方

セミナー講師のご紹介

  尾松 勇理夫 氏

所 属株式会社MIDS研究所 所長

尾松 勇理夫YURIO OMATSU

幅広い業種で数多くの企業のコンサルティングに携わっており、マーケティングセンスを活かした科学的研修技法を得意とする。
また計数管理面の整備と予算管理の仕組み・プロジェクトの運営などとを総合的にマッチングさせることによる「人と職場」の活性化指導は好評を博している。

<講師資格>
NTT、及びNTTグループ企業、国土交通省、
関西電力株式会社、日立造船株式会社、
株式会社大丸、株式会社高島屋、グンゼ株式会社、
UCC上島珈琲株式会社、株式会社ニッセン、
帝人商事株式会社、株式会社ワコール、
ジャスコ株式会社、株式会社阪急交通社等
その他企業、各団体への指導多数

<講師実績>
NTT、及びNTTグループ企業、西川リビング、みずほ FG、
東芝、日産自動車、パナソニックグループ、
電力各社グループ、JA 各県本部、等
その他企業、
各団体、大学・短大への指導多数

講座お申込みは終了いたしました。沢山のご参加ありがとうございました。

あわせて こちらもご覧ください。
ひなたMBAとは
セミナー 一覧はこちら

運営事務局

  • ひなた みやざき ビジネス アカデミー運営事務局
  • 〒880-0811
  • 宮崎市錦町1番10号
  • 宮崎グリーンスフィアビル
  • 壱番館7階(KITENビル)
  • TEL:0985-64-8102
  • FAX:0985-64-8186
  • Mail:info@hinatamba.jp
     ※11/1より変わりました

© 宮崎県 ひなたMBA(ひなた みやざき ビジネス アカデミー)
受託事業者|富士通株式会社
Webサイト運営事業者|株式会社 宮崎県ソフトウェアセンター


PAGE TOP